お手入れとメンテナンスについてE

care-maintenance-img1

耐衝撃性

衝撃の影響を受けると損傷しやすくなっております。床面に落とすなど激しいショックは与えないで下さい。
日常的な活動には支障はありませんが激しいスポーツをされる時等は腕時計を取り外して下さい。

時計のお手入れ

指紋やほこりを除去するために乾いた柔らかい布を使用してください。汚れが気になる場合は中性洗剤、またはアルコールで湿らせた柔らかい布をご使用ください。

革バンドのお手入れ

汗や水がついた状態のまま革ベルトのご使用を続けますと劣化する可能性があります。このような水分はできるだけ早く拭き取る事をお勧めいたします。汚れを取り除く場合には中性洗剤で湿らせた柔らかい布を使用してください。

メッシュバンド調整

Care and Maintenance

Care and Maintenance

1 メッシュベルトの留め金にあたる長方形の開口部に時計のフェイス方面から小さなドライバーを挿入します。

2 てこの原理で留金を上に跳ね上げます。3 お好みに合わせて留め金を位置調節し、メッシュベルト裏側の溝部分で止めます。4 元の位置に留め金をおろし、指で押さえてはめ込みます。

*留め金上部の細いバーを曲げないように十分注意してください。

ベルト取付

ケースに取り付けられたスリットにベルトを通します。
ベルトを通す際、時計の上部より通すことで正しい位置に配置できます。とても簡単な装着なのであなたの気分に合わせていつでも交換することができます。

またベルトループは着脱式となっている為ベルト交換の際に紛失しないようにご注意ください。

care-maintenance-img2

時刻設定

アナログ時計

リューズを引き出し時刻を調整するために時計回りに回します。リューズを反時計回りに回して時間を調整しないでください。

care-maintenance-img3

デジタルグランデの日付/時刻設定

U3秒間ペン先にてボタンBを長押し後、設定モードに入ります。分が点滅し始めたら順次時間、月、日付の設定を実行します。ボタンAを押して設定モードを終了し、もう一度ボタンBを押すと通常の時刻表示モードに戻ります。